すきっ歯(歯の隙間)の原因と対策とは?

歯の隙間(すきっ歯)とは

歯と歯の間に隙間がある、いわゆるすきっ歯といわれる歯並びのこと。 隙間の位置は前歯のみであったり、全体的であったり、それぞれ違いますが、歯が無いように見えてしまい、その見た目から、気になる方もいらっしゃいます。

歯の隙間(すきっ歯)の原因

隙間が出来る主な原因は以下の通りです。

1. 歯と顎の大きさのバランス

歯のサイズは正常でも顎が大きい場合、または顎に対して歯のサイズが小さい場合。 歯の生えるスペースが大きすぎる場合、歯の隙間(すきっ歯)を生じます。

2. 歯の不足

永久歯は親知らずを除くと28本ありますが、永久歯が元々生えてこない先天性欠如の場合、歯の数が不足し、歯の隙間(すきっ歯)が生じます。 先天性欠如の原因は不明ですが、何らかの理由で歯の素になる歯胚が作られない事で発生します。現代人は顎がどんどん小さくなり、不要な歯は無くなっていくとも言われ、現代人ほど欠損の頻度が高い傾向にあります。

3. 過剰歯

歯が正常な数より多く作られる過剰歯が顎の中に埋伏している場合、他の歯がきれいに並ぶのを妨げ、歯の隙間(すきっ歯)が生じる場合があります。

4. 舌癖

舌で前歯の裏側を押すような習癖がある場合、前歯が押し広げられて歯の隙間(すきっ歯)が生じます。

5. 歯周病

歯を支える顎の骨が減る為、歯がぐらつき動きやすい状態になるため、歯の隙間(すきっ歯)を生じる場合があります。 以前は隙間が開いていなかったのに、数年で急激に隙間ができた成人の方は歯周病が原因の場合が多いです。

6. 外傷性咬合

歯や歯を支えている顎の骨は非常にしっかりした組織だと思われがちですが、生活習慣などで、長期的に不自然に力が加わり続けると、歯がぐらつき、歯並びが歪んだり、すきっ歯の原因となったりすることがあります。

すきっ歯(歯の隙間)の歯科医院での治療法

すきっ歯の一般的な治療方法は、大きく分けると次の5種類です。

  • ダイレクトボンディング
  • 人工歯を貼る
  • クラウン
  • 歯列矯正(ワイヤー、マウスピース、インプラントなど)
  • 全顎矯正や包括的歯科治療

詳しく説明していきましょう。

1. ダイレクトボンディング

「レジン」と呼ばれるプラスチック樹脂を直接歯に盛り付けていき、歯のあいだにできた隙間を埋める方法です。歯の隙間を埋めるほか、欠けた歯の治療などにも用いられています。

出来上がりの質感は使う樹脂によって変わりますが、自然の歯に近い色や形を作ることが特徴です。歯を削る量が少なくて済み、型を取らずに治療が可能ですので、1日で治療が完了するメリットがあります。デメリットは、審美性の回復が目的の場合、保険適用外となりますので、1本あたり1~5万円ほどと高額になってしまうことです。さらに、歯科医師により完成度に大きな差が出ること、セラミックのような強度を得られないことが挙げられます。また、歯と歯の隙間が広い場合は、そもそもこの治療法を採ることはできません(目安は3mm以下の隙間です)。また咬む力の強い奥歯の歯に生じているすき間には、向いていません。

2. 人工歯を貼る(ラミネートベニア)

歯に付け爪をつけるように、歯の表面に薄い人工歯を貼ることで隙間を埋める方法です。

ダイレクトボンディングとの違いは、歯全体を希望の色にすることができ、治療後の着色・変色が少ないことです。また、クラウンに比べても歯を削る量が圧倒的に少なく、治療も短期間で終わるのがメリットです。デメリットは、ほとんどの場合1mm弱ほどですが歯を削らなくてはいけないこと、歯ぎしりや食いしばりなどで強い力がかかり続けると割れる場合があること、費用が1本10~15万円と高額であること、噛み合わせや歯並びの状態によってこの治療法を選べないことなどが挙げられます。

3. クラウン

人工の歯を被せる方法で、過去に虫歯治療歴があって詰め物が入っている場合や、すでに歯の神経を抜いている場合に使われます。素材はセラミックやプラスチック、金属などさまざまなものがありますが、審美目的の場合はセラミックが選ばれる傾向があるようです。

セラミッククラウンのメリットとしては、自然な色を再現しやすく本物の歯に近い質感が出せること、金属アレルギーの心配がいらないことなどが挙げられます。一方のデメリットとしては、金属の被せ物に比べると割れる可能性がやや高いこと、薄く作れる金属のクラウンに比べて厚みが必要な為、歯を削る量が多くなることなどが挙げられるでしょう。

4. 歯列矯正(ワイヤー、マウスピース、インプラントなど)

1~3が「歯に加工を施して隙間を埋める」方法であるのに対し、「歯列矯正」は元の歯を活かして、動かすことで隙間を埋めようとする方法です。歯が斜めに生えているなど、ほかの方法では治療が難しい場合や、全体の歯並びが悪い場合に選ばれ、多くの場合は全体ではなく部分矯正となります。歯を抜いたり削ったりしなくて良いのがメリットですが、ほかの方法に比べて時間も費用もかかるのがデメリットです。なお、歯列矯正は使う矯正器具の種類により、次のような違いがあります。

・ワイヤー
ワイヤーをブラケットで歯に固定するタイプです。一度つけたら治療終了まで外せませんが、24時間歯を動かすことができます。

・マウスピース
透明なマウスピースを使って歯を動かす方法です。一日15時間以上の装着が必要ですが、ワイヤーに比べて痛みが少なく、取り外しができる特徴があります。

・インプラント
矯正用インプラントを固定する方法です。ワイヤーやマウスピース治療では動かしづらい歯を動かしたいときや、ピンポイントで歯を動かしたいときに向いています。矯正治療にかかる時間が大幅に短くなることも特徴です。

5. 全顎矯正や包括的歯科治療

重度の歯周病やすきっ歯部分以外の歯並び・噛み合わせにも問題があるなど、すきっ歯だけ治しても良い結果につながらない場合の治療法です。歯周病治療や抜けている歯の再構築から始め、口腔内全体の環境を整えていきます。

ご紹介した治療法には一長一短があり、特にどの治療法が優れているということはありません。ただし、医学的な問題がなく、審美目的ですきっ歯を治療したいのであれば、当クリニックで提供している人工歯を貼る治療法「ティーシーズ」をご提案します。歯全体を希望の色にでき、治療後の着色・変色が少ないという特長に加え、歯を削ることもありません。また、必要であればいつでも外すことができるという独自のメリットも備えています。すきっ歯にお悩みの方はいつでもご相談ください。(ラミネートベニア同様、咬む力の強い奥歯の歯に生じているすき間には、向いていません。)

舌癖や歯周病などは原因を根本的に除去しないといけませんが、治療方法としては矯正治療やラミネートベニア、セラミッククラウンなどがあります。またそれぞれ併用して治療を行う場合があります。

ラミネートベニアやセラミッククラウンは歯を削る治療ですが、「ちょっとした隙間なのに健康な歯を削りたくない!」という方には新しい歯の治療方法『ティーシーズ』の治療がおすすめです。

すきっ歯を削らず治療!『ティーシーズ』

ティーシーズは、健康な歯には一切手を加えることなく、患者様一人ひとりに合わせて作る「創作歯」を貼りつけて、美しい歯並び・歯の色・歯の形を実現する技法です。最短2回で治療が完結しますので、ほかの方法に比べて圧倒的に短期間で済み、歯の色も美しく整うのがメリットです。

健康な歯の状態を維持したまま、審美性を高められるのであれば、それに越したことはありませんね。

ティーシーズを活用したすきっ歯(歯の隙間)治療例

当クリニックでは、すきっ歯(歯の隙間)をティーシーズで解消した症例がいくつもあります。

ティーシーズでは、隙間をくっつけて埋めたピースではなく、独立した1本ずつのピースを歯の表面に装着する為、デンタルフロスの使用も可能です。

元々あった隙間に対して、歯の幅を広げて埋めるため、そうすると歯が少し大きくなったように感じるかもしれません。

隙間がある部分だけの治療も可能ですが、治療本数が多いと歯の大きさを分散・調整できるため、より自然な仕上がりとなります。

また、矯正治療は歯を削りませんが、歯並びがきれいにそろっても歯の大きさは変えられません。矮小歯(平均的な歯の大きさと比べて小さな歯)のように小さな歯をティーシーズでは大きく見せる事が可能です。

矯正治療後の後戻りで生じた隙間や歯の段差などもティーシーズで解消できます。

すきっ歯の海外での印象。すきっ歯のモデルも多い?

日本では、すきっ歯と言うとマイナスなイメージになってしまうことが多いですが、海外ではどんなイメージがあるのでしょうか?

フランスでは、すきっ歯の歯の隙間から幸運を招くとも言われ、“Dents du bonheure”(幸運の歯)と呼ばれているそうです。また、オーストラリアでは、”富の表れ”と言われているのだとか。欧米ではモデルさんや女優さんにも多く見られ、セクシーな印象を与えるようです。

日本では八重歯がかわいらしさの象徴とされていますが、国が違うと歯並びも違った印象を与えるようです。しかし、そんなフランスの方でも歯の隙間がお悩みでティーシーズの治療を受けた方もいらっしゃいました。それぞれの国の文化はあれど、結局はご本人がどうすきっ歯と向き合うかが大切です。

ティーシーズ治療メニュー