歯の黄ばみは重曹で落とせるって本当?

こんにちは! デンタルサロン・プレジールの歯科医師、中村です。「歯医者さんがホンネで薦める審美歯科ココだけの話」では、毎回歯科医師としての立場から、皆様の口元の美と健康を保っていただくためのアドバイスをさせていただいています。

さて、近年は歯や口腔内のケアについて世間の関心が高まってきているようで、医学的に根拠があると思われる情報のほかにも、明らかに間違った民間療法や「都市伝説」めいた怪しげなケア方法まで、さまざまな情報が入り乱れています。
こうした情報は鵜呑みにせず、「医学的に正しいと証明されているものか?」「歯科医師や歯科衛生士など、歯の専門知識を持っている人が発信している情報か?」を確認してから、生活習慣に取り入れていただければと思います。

その中で、今回取り上げたいのは「重曹」です。
重曹は、食用の物はベーキングパウダーに用いられるなど安全なイメージが強く、台所の掃除などにも便利です。また、「重曹で歯を磨くと歯が白くなる」「重曹を溶かした水でうがいをすると虫歯や歯周病予防に効果がある」など、デンタルケアにも役立つかのような情報が一部で見られます。

しかし、歯科医師としては、首をかしげたくなる話もいくつかあります。今回はそれらについてお話させてください。

「重曹歯磨きでホワイトニング」はNG!

「重曹を歯ブラシに少量つけて歯を磨いたり、重曹を使った歯磨き粉を使って歯を磨いたりすると、ホワイトニングの効果がある」という話を聞いたことはありませんか?

重曹は、陶器のカップなどについた茶渋を落とす効果があります。しばらくつけ置き洗いをすると、いくらこすっても落ちなかった茶渋やコーヒーの汚れがきれいに浮き上がってきます。
おそらく、こうしたことから、「歯についた着色汚れも重曹で落ちるのでは?」と考えた人がいるのでしょう。

まず、濃度の高い重曹を口に含むと、ナトリウムによるしょっぱいような苦いような味を感じるはずです。これは、重曹がNaHCO3(炭酸水素ナトリウム)であり、ナトリウムを多く含んでいることによります。

重曹の粒子は非常に細かく、水に溶けにくいという性質があります。また、比較的粒子が柔らかいため、物をこすっても傷付きにくいという特徴もあり、研磨剤として重宝されています。
とはいえ、それは「研磨剤としては柔らかい」というレベルの話であり、歯の表面のエナメル質を傷付けるには十分な硬さです。

市販の歯磨き粉の中にも重曹を研磨剤として使用しているものがありますが、少なくとも重曹そのものを、歯ブラシに直接つけるといったやり方で歯磨きを続けたら、着色が取れて白く見えたとしても、エナメル質が削れることにより薄くなることで虫歯になりやすくなってしまいますし、象牙質のクリーム色が透けやすくなることで、次第に歯全体が黄ばんでいくものと思われます。

蛇足ですが、「自分で歯を白くする方法」についていろいろと調べていくと、「メラミンスポンジ(お掃除用の水だけで汚れが落とせる研磨スポンジ)で歯をこする」という情報がありました。我々歯科医師からすると、驚くべき発想です。参考までにメラミンスポンジとエナメル質の硬さの度合いをモース硬度(鉱物の硬さの指標)で比べてみました。メラミンスポンジがモース硬度4、エナメル質がモース硬度6~7です。モース硬度の小さいメラミンスポンジで磨くのだから、エナメル質を傷付けないと思いがちですが、繰り返し磨く事でエナメル質は削れてしまいます。

そもそも、日本で販売されている歯磨き粉自体に、歯科医院で行うホワイトニングの効果を期待できるものはありません。「ホワイトニング」という言葉の使われ方を見極める事が大切です。

何にせよ、民間療法で「歯の表面を研磨して汚れを落とす」という発想は非常に危険です。歯ブラシですらゴシゴシ磨きは避けたほうがいいのですから、こうした俗説は鵜呑みしないようご注意ください。

「重曹うがいで口の中の酸を中和」の間違い

重曹は、水に溶かすと弱アルカリ性を示します。
人間の歯は、口腔内の歯垢(プラーク)中の虫歯菌が糖を分解して酸性になることで、歯のエナメル質が酸に侵されて虫歯になります。そこで、「食事のあとに重曹の水溶液でうがいをして口の中を弱アルカリ性にすることで、虫歯の原因である酸を中和すれば、虫歯や歯周病を防げる」という情報があります。

実際には、これはどう考えても医学的な常識には当てはまりません。
虫歯菌は糖を分解して、みずから酸を作ります。ということは、いくら弱アルカリ性の重曹でうがいをしても、酸はそのあとに虫歯菌によって作られます。酸が虫歯菌を活性化させるわけではありませんから、重曹うがいを使って一時的に口の中を弱アルカリ性にしても、虫歯や歯周病の予防に役立つとは思えません。

また、虫歯菌や歯周病菌の巣となっている歯垢(プラーク)は、ネバネバした物質で歯にしっかりとへばりついているため、うがいをしたくらいでは重曹を浸透させることはできません。だからこそ毎日の歯磨きとデンタルフロスなど補助器具によるケアが必要不可欠なのです。

重曹うがいよりも、プラークをできるだけしっかり落としきることのほうが重要ということが、以上の説明でおわかりいただけたのではないでしょうか。

そして、私たちの唾液には、口の中のpHを一定に保ち、虫歯菌の働きを抑え、歯の再石灰化作用を進める働きがあります。可能な限りプラークを落としたあとは、口の中の衛生は重曹よりも唾液に任せたほうが安心でしょう。

また、重曹はたんぱく質を分解する効果があります。濃い重曹は肌荒れなどの原因になりますから、口腔内の粘膜や歯茎にも良くはありません。そういう意味でも、重曹うがいを日常的な習慣にすることはおすすめできないのです。

イメージに頼った民間療法を鵜呑みにしないで!

重曹に限らず、私たちの身の回りで「これが良い!」と言われたものやブームを巻き起こしたものは、そのイメージから安易にほかの用途にも転用されがちです。
もちろん、それで新しい便利な使い方が発見される場合もあるのかもしれませんが、私たちの健康に直結する事柄に、安易な思いつきによる民間療法を取り入れるのは感心しません。

重曹の場合、「口に入れても安全」「環境に優しい」「洗剤を使わなくても汚れが落とせる」「茶渋が落ちる」などのプラスイメージが重なって「歯磨きやうがいにも良いのでは?」という発想が生まれ、普及していったものと思われます。
しかし、少なくともここでお話ししたように、重曹歯磨きはお勧めできません。
それよりもかかりつけの歯科医院で正しい磨き方の指導を受けて頂き、毎日のセルフケアを行う事が大切です。