プロも使っている!デンタルケアグッズのすすめ

こんにちは! デンタルサロン・プレジールの歯科医師、中村です。「歯医者さんがホンネで薦める審美歯科ココだけの話」をご覧いただき、ありがとうございます。

「歯磨きはしっかりしているつもりだけど、本当に汚れは落ちているのかな?」と不安になることはありませんか。実際のところ、歯ブラシだけで歯の汚れやプラークをすべて取り除くのは不可能です。つまり、虫歯や歯周病の予防には「ケアグッズの併用」がポイントになります。

まずは、薬局にもさまざまな種類が並んでいて取り入れやすい「歯間ブラシ」や「デンタルフロス」から試してみましょう。歯間ブラシは歯と歯肉のあいだの汚れ、デンタルフロスは歯と歯のあいだの汚れに有効です。磨きにくいところや磨き残しが多いところには、細い柄に小さい三角形のブラシがついた「タフトブラシ」が効果的! 奥歯の側面など、普通の歯ブラシでは磨きにくい部分にもしっかり届いて汚れを落とします。

また、「電動歯ブラシ」も携帯できる小型の物や歯石除去が得意な物、音波水流が届かない部分をきれいにするタイプなどが出回っています。価格もまちまちで迷ってしまいますが、ご自分の歯に合ったものを歯科医と相談して選ぶようにしましょう。

仕事中や外食をしたあとなど、時間がないときでもさっとケアしたいという場合に備えて、外出時にはデンタルリンスの小さい物や携帯用マウスウォッシュ、タブレット、キシリトールガムなどを持ち歩くといいですよ。