キレイな人は持っている「噛むチカラ」

こんにちは! デンタルサロン・プレジールの歯科医師、川邉(かわべ)です。「歯医者さんがホンネで薦める審美歯科ココだけの話」をご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、噛むことで得られる美容効果についてお話ししたいと思います。毎日忙しくて、食事すらゆっくり摂る時間がない…という方に知っていただきたいのが、「噛むチカラ」の重要性です。

よく噛んで食事をすると、血糖値が上がって満腹中枢が刺激されます。すると、今までより少ない摂取量で満足できるようになりますので「ダイエット効果」が期待できるというわけです。また、顔の筋肉が鍛えられることで「リフトアップ」と「小顔効果」もあり、唾液が増えて「免疫力や新陳代謝が高まる」ので、美肌作づくりにも期待できます。

噛む回数ですが、まずは30回を目安にするといいでしょう。「そんなにたくさん!?」と思うかもしれませんが、実際に挑戦してみるとそれほど時間はかかりません。忙しい日でも十分チャレンジできる回数なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

より咀嚼力を鍛えたい場合は「ガム」が最適です。チューインガム1枚を噛む回数は驚きの550回! ほかの食品とは比べものにならない回数が筋肉の発達を促すと同時に、多くの唾液を分泌させて歯周病を予防します。なお、虫歯や歯周病があると噛む力が出にくいので、咀嚼力を鍛えるまえに歯のメンテナンスをしっかりするようにしましょう。