歯列矯正で歯が動かない場合がある?

こんにちは! デンタルサロン・プレジールの歯科医師、川邉(かわべ)です。「歯医者さんがホンネで薦める審美歯科ここだけの話」をお楽しみいただけていますでしょうか?
さて今回は、歯列矯正で歯が動かない場合があることについてお話をさせていただきます。
「歯列矯正を始めたが、いつまで経っても歯がまったく動かない」という方がまれにいらっしゃるのですが、なぜそのようなトラブルが発生するのか、審美歯科医師としての立場からご説明できればと思います。

破骨細胞と骨芽細胞

歯列矯正にはいろいろな方法がありますが、いずれの方法でも、歯に矯正装置(ブラケットやマウスピースなど)を装着して歯に力を加え、動かしたい方向に歯を少しずつ動かしていくという方法をとります。
歯が動くしくみについてはこのコラムでも今までに何度か説明していますが、もう一度簡単におさらいしてみましょう。

歯列矯正では「歯槽骨」という歯を支える骨を少しずつ作り替えることで、歯を健康な状態に保ったまま動かしていきます。
では、「骨を作り替える」とは具体的にどういうことなのでしょうか?

歯槽骨と歯根とのあいだには「歯根膜」という繊維状の組織でできた膜があり、歯根をすっぽり覆うようにしてクッションのような役割を果たしています。
歯に矯正装置を取り付けることで、歯を動かしたい方向に向かって弱い力がかかります。この力は歯根膜に伝わり、動かしたい方向の歯根膜は圧迫され、反対側では歯根膜が引っ張られる状態になります。

歯根膜が圧迫された部分では「破骨細胞」という細胞が働き始め、歯槽骨を少しずつ溶かして体内に吸収していきます。同時に、歯の反対側の歯根膜が引っ張られている部分では、「骨芽細胞」という細胞が働き始めます。
骨芽細胞は破骨細胞とは対照的に、新しい骨を作る働きをします。具体的には、骨芽細胞は骨の基礎となるコラーゲンを生み出し、そこに血液中のカルシウムが付着することで新しい骨が作られていきます。

破骨細胞と骨芽細胞は、「古い骨を溶かし、新しい骨を形成する」という、私たちの体に欠かせない骨の代謝を果たしてくれる細胞ですが、歯列矯正ではこうした働きを利用して、歯を理想的な位置に動かしていくのです。

なぜ歯が動かないの?

上記の説明でおわかりいただけたことと思いますが、歯列矯正で歯を動かしていくためには、歯根膜が健康な状態にあり、破骨細胞と骨芽細胞が正常に働くことが大切です。
ところが、例えば骨性癒着(アンキローシス)などが生じている場合、歯列矯正で歯を動かすことは非常に困難になります。

骨性癒着とは、外傷を受けたり歯の移植などを行ったりする際、歯根膜が広範囲に失われた状態で歯根が骨組織と接した場合、歯根が骨に吸収されて骨に置き換わり(置換性吸収)、歯と骨が結合してしまう状態を指します。おもに臼歯などに起こりやすい現象ですが、こういう場合、歯列矯正による歯の移動ができなくなってしまうのです。

「何年も歯列矯正をしているのに、特定の歯がまったく動かない」というような場合は、ひょっとして骨性癒着が生じていないかどうか、検査してみる必要があるかもしれません。

骨性癒着は事前に見つけられない場合があります!

骨性癒着を起こしている歯を叩く(打診する)と、金属のような硬く澄んだ音がします。また、正常な歯はピンセットなどで揺すると、わずかに動きます。しかし、骨性癒着を起こしている歯はまったく動きません。しかし、こうした検査やレントゲン撮影、CTスキャンなどでも100%骨性癒着を歯列矯正のまえに発見することは困難です。

このため、歯列矯正を行う際に抜歯をする場合、多くの歯科医院では予め、ちゃんと歯が動くことを確認してから抜歯を行います。「抜歯で歯が動くスペースを作ったのはいいが、肝心の歯が動かなかった」などという失敗を避けるためです。

では、骨性癒着が疑われる場合には、歯列矯正はできないのでしょうか?
残念ながら、骨性癒着が起きている歯は、矯正装置だけによる歯列矯正はできません。ただし、脱臼処置(癒着している歯根を亜脱臼させ、骨からはがす処置)や抜歯、コルチコトミー手術(歯槽骨皮質骨切除術。歯槽骨に切り込みを入れる手術)などの外科手術によって矯正が可能になる場合もあります。
ただし、こうした手術は、癒着の程度や、歯・顎の骨の状況などによって行える場合とそうでない場合があります。手術を受けても、十分な歯の移動が期待できない場合や、歯が脱落してしまう可能性も考えられるのです。

動かない歯は無理に動かそうとすると…?

骨性癒着のほかにも、歯の向きや位置などによって、歯列矯正では動かない、または動きにくい歯というものがまれにあります。また、なぜか非常に動きにくい歯があり、検査をしても動かない理由がわからないという場合もあるようです。

こうしたケースでは、無理に歯列矯正を続けないほうがいい場合も考えられます。また、「さらに強い矯正力をかけて歯を動かしてやろう」とすると、歯根吸収で歯根が小さく(短く)なり、歯が弱くなってしまうリスクも考えられます。これは若いときには問題なくても、加齢とともに歯の弱りが表面化し、歯周病にかかったり、歯を失う原因になってしまったりする可能性がありますから注意が必要です。

歯列矯正を始めるまえに治療計画をしっかり立てて!

今回は、歯列矯正では動かない歯がある、というケースについて説明させていただきました。
破骨細胞と骨芽細胞によって歯がゆっくりと動いていくメカニズムについておさらいし、骨性癒着が生じている場合は、歯列矯正では歯を動かせないこともご理解いただけたことと思います。

「動かない歯」が見つかった場合、それにどうやって対応するのか。コルチコトミー手術などの外科手術に踏み切るのか、それとも噛み合わせに問題がないレベルにまでほかの歯を調整するのか?
これは歯科医師の判断に任せ切りにするのではなく、自分でも状況をよく理解し、はっきりと歯科医師に自分の意思を伝えた上で、治療計画の方針を決定するべきでしょう。

歯列矯正は、場合によっては歯並びに対する万能の対処法でないこともあります。費用もかかり、長い矯正期間が必要になります。特に、今回ご説明したような「動かない歯・動きにくい歯」があった場合、費用も矯正期間も、患者様の負担はさらに大きくなるものと思われます。

動かない歯が見つかった場合、例えば「歯と歯のあいだの隙間がふさぎきれない」といったケースなら、前歯に薄い人工歯を貼る「ティーシーズ」などの施術が有効な場合もあります。また、歯を削ってセラミッククラウンをかぶせるなどの施術が有効な場合も考えられます。

総合的にどんな施術が自分に適しているのか、じっくりと相談に乗ってくれる信頼できる歯科医師を探すことからはじめてみませんか。